大学院・専攻

研究内容

バイオサイエンスとは、微生物、植物、動物などの示す様々な生命現象について、化学的、生物学的、工学的手法を用いて分子レベルで解明し、その成果を広く人類の生存に役立てようとする研究分野のことです。

遺伝子操作技術の登場と最近の分子生物学、細胞工学の発展は、生物の生命現象の解明、生産機能の開発などにおいて革命的な技術であるバイオテクノロジーを誕生させました。
わたしたちは、バイオテクノロジーの手法を用い、食糧危機、エネルギー問題、地球環境問題、食の安全をも視野にいれた広範なバイオサイエンスを展開しています。

応用生命化学専攻・応用生命工学専攻のバイオサイエンス

生命のしくみを化学的、生物学的に個体、細胞レベルから分子レベルで解明する。 その成果を応用して、食・環境・生命に関する今日の社会問題の解決をめざす。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.