研究室/教員の紹介

【新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻研究室(柏キャンパス)】

構造生命科学大講座

分子認識化学分野

研究室サイトURL

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/molecular-recognition/

スタッフと連絡先

  • 片岡 宏誌 教授
  • 永田 晋治 准教授
img-labs-040

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

生物は多様な環境に適応し生命活動を維持しています。地球上の生物の中でも、昆虫は様々な環境適応型の生命維持装置を理解する上での格好の研究材料となります。そこで、私たちは昆虫の様々な生存戦略の分子メカニズムをホルモン類など内分泌系に着目して研究しています。特に「脱皮・変態」、「休眠」、「栄養摂食行動」、「行動修飾」に注目し、生物が「生きる」という命題に挑んでいます。
環境情報がどのような機構でホルモンなどの生体分子に情報変換されるか、またその生体分子が各細胞でいかに受容・認識されるか。さらに、それらがどのような情報伝達や機能変化を引き起こし、最終的に発育調節や行動へと結びつくのか。分子レベル、細胞レベル、個体レベル、そして分子生物学、化学、生物学、生態学、数理学と、手法を選ばず命題解明を目指し日々研究しています。私たちの所属する新領域創成科学研究科は領域横断的な次世代型の研究科であり、柏キャンパスにはそれを可能にする人材や環境が整っています。このような研究漬けの環境で、生き物が見せるドラスティックな現象の謎に私たちと挑んでもらいたい。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.