研究室/教員の紹介

【応用生命工学専攻】

社会連携講座

協力講座

酵母発酵学社会連携研究部門

研究室サイトURL

スタッフと連絡先

  • 野田 陽一 特任准教授
  • 堀内 裕之 特任教授(兼任)
no_images

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

酵母発酵学社会連携研究部門は、2018年12月1日に発足したとても新しい研究室です。そして2018年4月1日に開始された、東京大学の10の部局に所属している微生物学に関連する多様な分野の研究者を結集した統合型微生物研究拠点である微生物科学イノベーション連携研究機構(http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/criim2018/)に設置された第一号の社会連携講座です。
研究室名が示す通り、酵母発酵学研究室では酵母を研究材料として用います。出芽酵母は真核生物のモデルとして長く研究され、強力な遺伝学を利用することにより生物学の広範な分野の発展に大きく貢献してきた微生物です。また同時に、我が国の伝統である発酵産業を支え、医薬品などの物質生産にも用いられる産業的にも有用な微生物でもあります。研究に多く用いられる出芽酵母の学術名であるSaccharomyces cerevisiaeのcerevisiaeは、ラテン語でビールを意味するcervisiaに由来することは、アルコール発酵と出芽酵母の強いつながりを示します。人類の文化、生活との長い歴史を持ち、とても安全な微生物です。
実用酵母を用いた応用研究、実験室酵母を用いた細胞内小胞輸送や細胞壁合成機構といった基礎研究に興味を持った方は、是非一度研究室に遊びに来てください。あらかじめ連絡を頂ければいつでも大歓迎いたします。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.