研究室/教員の紹介

【応用生命工学専攻】

生物分子工学大講座

基幹講座

分子育種学研究室

研究室サイトURL
http://mcb.bt.a.u-tokyo.ac.jp/

スタッフと連絡先

  • 日髙 真誠 准教授
  • 小川 哲弘 助教

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

微生物は地球環境を作ってきた主体であり、特に窒素固定細菌は重要な働きをしてきました。また、「共生」という微生物間相互作用により、微生物の持つ能力が大きく変化することがわかりつつあります。そこで、イネの根圏に作られる細菌コミュニティーにおける窒素固定能を解析したところ、細菌間相互作用により窒素固定細菌の能力が増強されることを見出しました。現在は、その増強機構の分子生態学的過程を調べています。また、それを足場に、窒素固定細菌を生物肥料として活用することも進めています。
自然界では、環境は時々刻々と変化しており、時としてこれらはストレス要因となります。これに対して、生物は様々な仕組みでこれらストレスに対抗しています。私達は、こうした機構の一つとして、リボヌクレアーゼを介した新規ストレス適応化機構を研究しています。また、このリボヌクレアーゼが、他細胞とのコミュニケーション手段として利用されている可能性があり、これについても検証を進めております。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.