研究室/教員の紹介

【応用生命工学専攻】

生物分子工学大講座

基幹講座

分子育種学研究室

研究室サイトURL
http://mcb.bt.a.u-tokyo.ac.jp/

スタッフと連絡先

  • 葛山 智久 教授
  • 日髙 真誠 准教授
  • 小川 哲弘 助教

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

地球上には、人類がまだ手に入れたことがない生物活性を示す天然化合物が眠っています。実際、生態系から得られる遺伝子資源(メタゲノム)からも多くの未知の生物活性物質を生合成するための遺伝子を見つけることができます。そこで、そのような未利用資源から新奇な遺伝子を発掘し、その精密機能解析を基盤とした合成生物学的手法による有用物質生産系を構築することで微生物の分子育種を目指します。
窒素固定細菌は地球環境の形成や農業の成立に大きく関わってきました。そこで、イネ根圏に作られる細菌コミュニティーにおける窒素固定能を解析したところ、細菌間相互作用により窒素固定細菌の能力が増強されることを見出しました。現在は、その増強機構の分子生態学的解明とともに、窒素固定細菌の生物肥料として活用も目指しています。
微生物は、様々な手段を駆使して環境のストレスに対抗しています。私達は、こうした手段の一つである「リボヌクレアーゼを介した新規ストレス適応化機構」を研究しています。このリボヌクレアーゼは、様々な生物で多様かつ重要な役割を担う興味深い分子です。微生物の視点から、これらメカニズムの根底にある共通原理の解明を目指します。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.