研究室/教員の紹介

【応用生命工学専攻】

生物分子工学大講座

基幹講座

分子生命工学研究室

研究室サイトURL

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/molbiotech/

スタッフと連絡先

  • 足立 博之 准教授
img-labs-022

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

生命の基本は細胞ですが、その働きの多くは未解明で、その仕組みを理解し役立てることは重要です。私たちは真核細胞の運動と小胞輸送に注目し、粘菌と酵母をモデルとして研究してきました。これら真核微生物を使えば、高等生物では困難な実験が短時間に再現性良く行え、かつ普遍的な結論が得られます。分裂、遊走、貪食・飲作用などの細胞運動と細胞接着の解析では、動物型細胞の細胞性粘菌が細胞骨格を使って形態を厳密に制御しながら変化させる仕組みを現象ごとに解明します。そのために、変異株やゲノム情報を駆使して鍵タンパク質をつきとめ、その細胞内の挙動や分子間相互作用を解析します。教員転出と学生の卒業の関係で、今年度からは研究対象を主として粘菌に絞り少数精鋭でスタートします。粘菌や細胞運動に興味を持ち、研究室を立ち上げて引っぱって行こうという気概のある人材を求めます。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.