研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

寄付講座

協力講座

食の健康科学(ニップン)寄付講座

研究室サイトURL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/foodfunctional/

スタッフと連絡先

  • 小林 彰子 特任准教授

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

当研究室は主に以下の2つのテーマで研究を実施しています。

①食品成分の吸収・代謝・分布・排泄の動態
経口摂取成分の体内動態を知ることは、食品の機能性および安全性を担保するには不可欠です。当研究室では、腸管や脳などの各臓器における、食品成分の生体膜透過性とその制御メカニズム、生体内における代謝、機能性成分であれば活性本体およびその標的分子、などを解析しています。これらを通して、機能性食品成分の活性発現メカニズム、標的組織への移行性、および同時に摂取した食品成分の相互作用を明らかにすることにより、食品の安全で効果的な摂取法に繋げることを目標としています。

②ポリフェノールによる認知症予防・改善効果
当研究室ではアルツハイマー病(AD: Alzheimer’s disease)を予防するポリフェノールを見出しています。食品として摂取した際、ポリフェノールは脳内への移行性が極めて低いことから、生体内でどの様な作用を発揮しているのかについての機構を探っています。また、侵襲性が低くヒトに対する負担の少ない、血中で検出可能な感度の高いAD治療反応性マーカーを探索し、その有用性を検証することにより、臨床でも応用可能なバイオマーカーの同定を目指しています。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.