研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

農学生命科学研究科「環境と食の研究に新風を」

協力講座

食の安全・安心・健康領域

研究室サイトURL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/foodfunctional/

スタッフと連絡先

  • 小林 彰子 准教授

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

当研究室は大きく2つのテーマで研究を行っています。
➀食品・栄養成分の吸収・代謝・分布・排泄の動態とそのメカニズムの解明
腸管、胆管、および血液脳関門などにおける食品成分の生体膜透過性とその制御メカニズム、消化管内や各臓器で受ける代謝機構、機能性成分であれば活性本体およびその標的分子、などを解析した上で、機能性食品成分の活性発現メカニズム、標的組織への移行性、同時に摂取した食品成分の体内動態への影響、および安全で効果的な摂取法、などについて研究しています。
➁ポリフェノールによる認知症予防・改善効果
これまでにアルツハイマー病(AD: Alzheimer’s disease)モデルマウスを用いて、認知機能低下を抑制し、ADの病態特異的な表現型を抑制するポリフェノールを見出しており、トランスクリプトミクスをはじめとする各種オミクス解析や腸内細菌叢の解析等により抗AD機作を探っています。また、血中で検出可能な感度の高いAD治療反応性マーカーを探索し、その効果を検証することにより、臨床で応用可能なAD診断バイオマーカーの同定を目指しています。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.