研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

食品科学大講座

基幹講座

食糧化学研究室

研究室サイトURL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/foodchem/

スタッフと連絡先

  • 内田 浩二 教授
  • 佐々木 栄太 助教

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

“健康”。若さのピークにある君たちには興味がわかない言葉かもしれない。でも、それは年齢を重ねるに連れて確実に失われてゆく、私たちにとって最も大切なもの(であることにいつか気づくでしょう)。その健康と最も密接な関係にあるのが「食」です。カロリーを気にするようになり、野菜を積極的に食べ、緑茶を飲むように心掛けるのも何とか生活習慣病から身を守り、健康でいたいと願うからこそ…。
食糧化学研究室では、人類が避けては通ることのできない生命現象である「からだの衰え」において、その因果関係が明らかにされつつある体の中の“さび”ともいえる過酸化脂質に関する研究(つまり、どうして健康ではなくなるのか、という研究)を行っています。一方、「医食同源」という言葉があるように、食品成分には様々な機能性を示すものがあり、中には生活習慣病の予防に役立つような活性を有するものも知られています。こうした成分を一つずつ根気よく解析し、私たちの食生活に還元していくことは、農学部が果たしうる健康科学への貢献といえます。ここ食糧化学では、医学との境界領域にある健康科学に貢献できる道が拓かれています。君たちにその魅力を伝え、君たちとともにこの分野の発展の一翼を担いたいと願っています。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.