研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

生物生産化学大講座

基幹講座

植物栄養・肥料学研究室

研究室サイトURL

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/syokuei/index.html

スタッフと連絡先

  • 藤原 徹 教授
  • 神谷 岳洋 准教授
img-labs-006

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

私たちの衣食住は植物に依存しています。これは、植物はどこにでも生えることができ、光合成をして生育することができるためです。植物は土壌から無機栄養を吸収し、地上部に輸送することで生育することができます。植物は土壌の無機栄養の濃度や存在場所を感知して、根の形態を変えたり輸送特性を変えたりして、最適ではない栄養環境でも生育し、私たちに不可欠な食料や材料、酸素を作り出しています。私たちはこのような植物の優れた能力をゲノム科学や分子遺伝学、生理学、数理モデル等の幅広い手法を用いて理解し、さらに得られた知見を利用して栄養(肥料)をあまり与えなくても生育する植物や、毒物を蓄積しない植物を作出する手法を開発しています。過去には植物の必須元素のうち輸送体の知られていなかったホウ素やモリブデンの輸送体を生物界や真核生物で初めて発見したり、輸送体の発現を強化することでホウ素欠乏でも生育する植物を作出することに成功したり、毒物であるカドミウムの蓄積を低下させる技術を開発しました。最近ではゲノム科学の手法を用いたり、数理モデルを利用することで栄養特性を改善したり輸送を統合的に理解することを目指した研究を進めています。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.