研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

生物生産化学大講座

基幹講座

生物有機化学研究室

研究室サイトURL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/seiyu/

スタッフと連絡先

  • 高山 誠司 教授
  • 藤井 壮太  助教
img-labs-003

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

人類の食糧である穀物や油糧種子、果物などはすべて植物の花の中で起きる有性生殖を経て作られます。私たちは、植物の有性生殖や種子生産の基礎的な仕組みを分子レベルで解明し、これらを人為的に制御することで、食糧問題、エネルギー問題、環境問題などの解決に貢献することを目指しています。特に、雌しべに運ばれてくる多数の花粉の中から同種の花粉を選択して受精する仕組み、自己の花粉を排除し遺伝的多様性を維持する仕組み、雌雄が分化した植物において性を決定する仕組み、種子のサイズを決定する仕組みなどを研究しています。また、移動手段を持たない植物が後天的なゲノムの化学修飾を介して柔軟性・多様性を獲得する仕組みの研究も進めています。鍵を握る生理活性物質の同定を目指す従来の生物有機化学的手法に加え、ライブイメージング、バイオインフォマティクス、構造生物学、計算機シミュレーションなどの最新手法を取り入れた研究を展開しています。
本研究室ではバイオサインエスの分野で幅広い視野を持って活躍出来る人材の育成を目指しています。熱意のある皆さんの参加を歓迎します。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.