研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

生物機能化学大講座

基幹講座

生物機能開発化学研究室

研究室サイトURL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/biofunc/

スタッフと連絡先

  • 三坂 巧 准教授

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

本研究室は食品を研究対象としており、特に食品の価値を決定づける「味」について、受容・伝達・認識に関与する分子機構の解明を目指しています。このような解析により、口腔内で受け取られた味覚シグナルが脳に達し、“おいしい”と知覚する過程の全体像が明らかになることが期待されます。また、基礎研究を基盤とした味覚研究は、産業界からも注目されており、新たな応用領域の開拓にも役立つと考えられます。
例えば舌上皮の味蕾細胞における味物質認識の仕組みを、味覚受容体を発現した培養細胞で再現してあげることで、味の強度を測定することができます。さらに、このような評価系をうまく利用すると、味物質がどのようにして味覚受容体に認識されるかといった構造的な側面から、味の受容機構を理解することができるのです。将来的には、食品開発の場面においても、味覚受容体を使用した味センサーの利用が可能になるのではと期待しています。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.