研究室/教員の紹介

【応用生命化学専攻】

生物機能化学大講座

基幹講座

植物分子生理学研究室

研究室サイトURL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/pmp/index.html

スタッフと連絡先

  • 篠崎 和子 教授
  • 溝井 順哉 准教授
  • 城所 聡 助教

主要な研究テーマ

研究室メッセージ

近年、地球規模の環境劣化や異常気象による農業被害が深刻化しています。私たちの研究室では、突然の異常気象や環境劣悪地にも対応できる作物の分子育種を目指して研究を行っています。モデル植物であるシロイヌナズナやイネを材料として、トランスクリプトームやメタボローム、プロテオーム解析など最先端の遺伝子研究法を用いて、乾燥や高温等のストレス耐性遺伝子群の機能と発現機構、ストレスの受容やシグナル伝達系について分子レベルの解析を行っています。これまでに、乾燥や低温や高温に対する耐性遺伝子群やこれらの働きを調節している転写因子を明らかにしました。また、得られた遺伝子を用いて高レベルの環境ストレス耐性植物の開発に成功しました。さらに、得られた成果を種々の作物に応用して、発展途上地域の食糧不足に役立てたり、将来の食糧危機に備えたりする研究も行っています。意欲的な皆さんの参加を歓迎します。

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.