TOPICS

植物におけるホウ素毒性メカニズムの一端を解明 ~過剰なホウ素がもたらすDNA損傷の発生とその緩和機構の発見~

植物におけるホウ素毒性メカニズムの一端を解明 ~過剰なホウ素がもたらすDNA損傷の発生とその緩和機構の発見~

藤原徹 教授 他

 
本研究成果はNature Communications誌に12月11日付けで掲載されました。

https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20181213-1.html

  
2018.12.13

ページの先頭に戻る

©東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 All Rights Reserved.